搬送 供給

粉末供給 ミリフィーダー-回転速度と排出量確認テスト

  1. HOME >
  2. 供給テスト >
  3. 供給 >
  4. 搬送 >

粉末供給 ミリフィーダー-回転速度と排出量確認テスト

回転速度の違いによる排出量の確認

 

ミリフィーダー供給機でテストをしました。
※ミリゼロのゼロバランサー部分を取り外しました。

%e3%83%9f%e3%83%aa%e3%82%bc%e3%83%ad%e4%be%9b%e7%b5%a6%e6%a9%9f_dsc01382

 

使用粉末は、珪砂です。

砂の中に、粒状の小さい石が混ざっているのが分かります。

%e7%a0%82%e3%81%ae%e5%bd%a2%e7%8a%b6-3

供給機に、コイルフィーダーをつけることで

粒状の石が詰まらないように供給することができます。

 

回転速度を、25rpm・50rpm・75rpm・100rpmに変えて

1分間供給テストしました。

25rpm供給中は、粉末の排出量が少ないため、

砂埃の舞い上がりが少なめです。

回転速度が速くなるに連れて、粉末の排出量も多くなるので、

砂埃の舞い上がりも多くなりました。

 

供給テスト 25rpm

 

供給テスト 50rpm

 

供給テスト 75rpm

 

供給テスト 100rpm

 

供給テスト 回転数と排出量のまとめ

 

《テスト結果》

25rpm→0.88g/m
50rpm→1.76g/m
75rpm→2.66g/m
100rpm→3.56g/m

回転速度が2倍になると、

排出量も2倍になることが分かりました。

※使用する粉末によって異なります。

 

テスト結果から、回転速度が速くなると、

排出量も多くなることが分かりました。

一定の速度で、効率の良い供給ができると言えます。

 

-搬送, 供給

© 2020 WEB工場見学 in 粉体機器製造業