連続供給テスト 50時間続く、微量で安定した供給 

粉末の連続供給テストを行いました。
今回は1分間のサンプリングで50時間。3000分です。とても長いですね。
1分間に供給される粉末の量は15mgです。ごくごく微量です。

どれほどの微量供給なのか。
少し分かりやすくすると、約4秒で1mgの供給となります。

50時間連続供給、安定した供給ができるのでしょうか?

安定した供給が長時間できる性能と、15mgという微量を供給し続ける精度が
非常に求められるテストです。

どのような結果になったでしょうか?

50時間分のデータをグラフ化してみました。まずは1500分。(25時間)

750分過ぎたところでパルスが徐々に上がっています。
しかし、測定間重量(供給量)は一定です。
何が起こったのでしょうか?

これはホッパー内の粉末残量が少なくなったからです。
軽くなったので、回転数が早くなったのです。
でも供給量に影響はなく、安定しています。

そして、粉末を投入します。
粉末の量が一度に増えたため、パルスは一時低下・供給量は一時増えました。
粉末がホッパー内に満たされると、その後の供給量とパルスは、問題なく安定します。

25時間以降のグラフです。~3000分(~50時間)

ホッパーに粉末が投入された以降は、安定した供給が見られます。
パルスも供給量も安定した状態が続いています。

そして・・・
50時間(3000分)という長時間の連続供給は無事に終了。
安定した連続供給と、毎分15mgという供給精度を保つことができました。

その他長時間連続供給はこちら↓

粉末微量供給テスト 1時間 15mg/m 0.9g/h
粉末供給テスト 13時間 15mg/m

 

関連記事

  1. ゼロバランサー粉末 間欠供給テスト

  2. 粉末供給 振動フィーダー供給テスト

  3. フィーダー 供給方式による粉の落ち方の違い

アルファ株式会社

愛知県にある粉体装置メーカーです。
テスト・開発・製造途中など、ホームページでは書けない内容を”WEB工場見学 in 粉体機器製造業”として書いています。

ホームページはこちら
http://alpha-kabu.com/

  1. 卓上サイズの粉末供給機で短時間計量

    2018.06.22

  2. 現場で使える簡単静電気除去アイテムと除電効果の比較

    2018.06.11

  3. 容器感知計量 シグナルタワー表示

    2018.05.23

  4. 0.2秒粉末供給 0.1g狙い

    2018.05.22

  5. 文具の整理で気持ちも晴れやか

    2018.05.07

  1. 粉体工業展2017 展示品1 高精度でコンパクト、様々な粉末が計量で…

    2017.11.15

  2. 手計量も簡単にできる!粉末自動計量機。自動と手動を合わせ、計量…

    2017.08.08

  3. 回転式焼成炉による不純物の除去

    2017.06.21

  4. 粉末計量 供給機1台で幅広い重量が計量できる。計量方法が分かりま…

    2017.06.14

カテゴリ

過去の記事

カレンダー

2017年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930