回転式焼成炉による不純物の除去

電気炉やマッフル炉などはバットなどに通常サンプルを敷き詰めて焼成処理しますが、表面温度と中心と底で処理温度にばらつきが出て、充分な焼成処理は難しいのが問題です。

そこで

今回お客様からリクエストがあった電気炉やマッフル炉で充分に焼成できない5mm角程度の原料の焼成処理をロータリーキルンでテストしてみました。※通常は粉体の焼成処理が多いです。

テスト機 型式:RKA-2.5-500(バッチ式) キルン(炉)本体は約7.5L程度の容積になりますが処理量(仕込み量)は約1/3倍のMax2.5Lです。

3Kg600℃、650℃、700℃、750℃、50℃刻みで、それぞれ60分焼成し、途中10分間隔でサンプリングしました。

連続式のキルン(炉)は通常多くて5%程度の接触面になるので装置自体が大きくなりますが、アルファ製キルン(炉)は直径の約30%程度がヒーター接触面になり小型・省スペースです。処理量2.5L~140Lまで対応可能です。

※ラボ用ミニチュアロータリーキルンも制作可能。50cc~

https://www.alpha-kabu.com/product/syousei/rotary-kiln

テストスタートします。

 

原料です※モザイクがかかってます

原料投入

原料には不純物が沢山あります。これをロータリーキルンで焼き切って充分な焼成処理ができるかテストしてみます。

専用の治具でそっと炉内に投入します。

炉内・炉外温度

燃えてます

発煙しています

 

温度仕様は通常、常温~500℃ですが、今回は最高750℃まで高温でテストをしました。温度コントロールも基板パネルから簡単に変更できます。

原料を投入する都度、発炎して発煙しました。発炎に関しては投入する量で調整して、発煙に関しては排気ファンや集塵機などで対応します。

焼成の途中サンプリング

排出温度

データロガーです

実際の処理の最中に出来上がり具合などの確認で途中サンプリングも可能です。排出温度「341℃」と高温なので注意が必要です。温度は炉内雰囲気温度、炉外温度、製品温度(オプション)の3種類をモニターできます。

CSVデータでSDカードに温度データを記録も可能です。

処理前の拡大画像

処理後画像、不純物がなくなりました

上手に焼けて不純物がなくなりました。

今回のテストから電気炉で充分な焼成処理ができなかった原料でもロータリーキルンで焼成が可能なことが分かりました。

 

 

関連記事

  1. 粉末性状確認で判断できる。計量機1台で複数種類の粉末計量も、可能です。

  2. ゼロバランサーの使用方法

  3. 0.2秒粉末供給 0.1g狙い

アルファ株式会社

愛知県にある粉体装置メーカーです。
テスト・開発・製造途中など、ホームページでは書けない内容を”WEB工場見学 in 粉体機器製造業”として書いています。

ホームページはこちら
http://alpha-kabu.com/

  1. トイレが生まれ変わりました!

    2018.12.08

  2. 国際粉体工業展2018、粉体計量機の様子

    2018.11.20

  3. 粉体工業展2018 出展

    2018.11.01

  4. 約60秒スピード粉体計量

    2018.08.23

  5. 対象は顆粒!微量計量ができます。コンパクト高精度粉末計量機

    2018.06.25

  1. 粉体工業展2018 出展

    2018.11.01

  2. 粉体工業展2017 展示品1 高精度でコンパクト、様々な粉末が計量で…

    2017.11.15

  3. 手計量も簡単にできる!粉末自動計量機。自動と手動を合わせ、計量…

    2017.08.08

  4. 回転式焼成炉による不純物の除去

    2017.06.21

  5. 粉末計量 供給機1台で幅広い重量が計量できる。計量方法が分かりま…

    2017.06.14

カテゴリ

過去の記事

カレンダー

2017年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930