軽量で小型の樹脂製供給機

コンパクトだからこそできた。粉の接する所を全て樹脂で作った供給機。

 

樹脂製の供給機ありませんか?

というニーズに応じた新しいタイプの供給機を製作しました。

 

樹脂製供給機。
粉末計量機の中では珍しく、なかなか聞かないものです。
供給機の製品構成を見てみると、
鉄やステンレス製のネジが多く使われています
供給機の耐久性を考えるとこれが一般的です。

しかし、
金属成分がPPmオーダーでも粉末に混入すると、出来上がった製品に悪影響が出てくる
ので、接粉部は全て樹脂の供給機を作って欲しい
というご相談を受けました。

 

たしかに、そのようなトラブルが発生するのであれば、
トラブルの要因は、出来る限り最初から取り除きたいものです。

 

そこで弊社の供給機を、粉末が接する部分全てを樹脂製に変えたものを制作しました。
内部のスクレッパーやホッパーを留めるネジ、排出口の部分など全てです。
接粉部ALL樹脂製の供給機です。

 

普通なら供給機の重さを樹脂製のネジでは支えきれません
供給機が大きく重いので、ネジが折れたりします。

しかし社の供給機は軽量でコンパクトサイズ
強いて重いものと言ったら、小さなモーター1つくらいです。
たったこれだけなので、供給機を支えるネジを樹脂製に変えても問題がありませんでした。
※念のため、軸径は太くしました。


動画でも分かるように、その計量精度は高性能。
ステンレス製の部品を用いた供給機と全く変わりがありません
流れの悪い粉末も高精度で計量できます。
ただ、シュート部にブリッジ現象を起こしてしまうので、上から粉末を落としてあげなくてはなりませんが・・・。
しかし供給機に入った粉末は、ブリッジ現象を起こすことはありません。

大供給と微量供給が1台の供給機で行え、その切替も自動。
なので高精度軽量が可能となっています。

粉末の性状や作業環境に合わせ、供給機の種類も、その供給機の製品種類(ステンレス製・樹脂製)も
お選びいただけます。

ゼロバランサー標準型250cc嵩上げホッパー仕様・接粉部樹脂仕様

関連記事

  1. 粉 1粒子 散布

  2. 計量テスト

  3. ミリゼロ供給機テスト 500g±3g・1000g±3g 計量テスト

アルファ株式会社

愛知県にある粉体装置メーカーです。
テスト・開発・製造途中など、ホームページでは書けない内容を”WEB工場見学 in 粉体機器製造業”として書いています。

ホームページはこちら
http://alpha-kabu.com/

  1. 卓上サイズの粉末供給機で短時間計量

    2018.06.22

  2. 現場で使える簡単静電気除去アイテムと除電効果の比較

    2018.06.11

  3. 容器感知計量 シグナルタワー表示

    2018.05.23

  4. 0.2秒粉末供給 0.1g狙い

    2018.05.22

  5. 文具の整理で気持ちも晴れやか

    2018.05.07

  1. 粉体工業展2017 展示品1 高精度でコンパクト、様々な粉末が計量で…

    2017.11.15

  2. 手計量も簡単にできる!粉末自動計量機。自動と手動を合わせ、計量…

    2017.08.08

  3. 回転式焼成炉による不純物の除去

    2017.06.21

  4. 粉末計量 供給機1台で幅広い重量が計量できる。計量方法が分かりま…

    2017.06.14

カテゴリ

過去の記事

カレンダー

2017年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30