対象は顆粒!微量計量ができます。コンパクト高精度粉末計量機

顆粒の高精度計量が可能となりました!
粒形を変えることなく、分級も起こらず、高精度計量ができます。しかもとてもコンパクト。
供給機のサイズは 高さ150mm(モーターより下)×横60mm(円の直径)の手のひらサイズ。(ただし投入シュート部を除く)
そして音も静か。

顆粒対応Y管型ゼロバランサー1.0Sです。(計量動画あります↓)

高精度粉末計量機: 顆粒対応Y管型ゼロバランサー1.0S 高さ150mm×横60mmの手のひらサイズ

顆粒も粉末です。顆粒の高精度計量を行いたいお客様も多く見えます。
しかし・・・。
弊社の高精度粉末計量機「ゼロバランサー」は、今までは顆粒粉末の計量は苦手でした。
顆粒により計量機がトルク負けをしてしまったり、分級が起こってしまったりと・・・。
残念ながら、お客様のご要望に応えることはできませんでした。

これではいけない、何とかならないものかと考えました。

そこで。
ゼロバランサーの一部の部品を変更し、顆粒対応のY管型ゼロバランサー1.0Sを制作しました。

今回のテストで行った顆粒の直径は1mm程度です。
今までのゼロバランサーでは、精度は出るものの、ホッパー内で分級が起こってしまったり、
排出された粉末は、粒形がつぶれてしまったりと、顆粒の高精度計量が困難でした。

顆粒対応Y管型ゼロバランサーはどうでしょう。
顆粒0.9g±5mgの計量を行いました。

高精度計量がしっかりとできました!
ホッパー内での分級も見られません!
排出された顆粒粉末は・・・?
粒形の変化は見られませんでした!

ホッパー内の様子:分級なし

 

排出された粉末の様子:粒形に変化なし

粉末の投入を見てみると、粉面が下がるごとに少しずつ粉末が充填されていきます。
必要な分だけ充填される仕組みです。余分な粉末を極力投入させないようになっています。
これにより、分級を防ぎます
ゼロバランサーの顆粒対応できる内部部品の制作・変更により、トルク負けを抑制することができました。
そして、顆粒の形状維持もできるようになりました。
もちろん、高精度計量はそのままです。

顆粒の計量と言うと、振動フィーダー、パーツフィーダーで行うことが多いです。
ただ振動フィーダーでは、繊細な計量ができません。
精度を出す微調整ができないからです。
振動音も大きいです。

今回開発した顆粒対応Y管型ゼロバランサーであれば、顆粒粉末の高精度計量ができます。
とてもコンパクト。
そして、音がとても静か。

顆粒粉末の計量をお考えの方におすすめです。
コンパクトサイズなので、清掃がスピーディー。多品種計量にも最適です。

弊社ホームページはこちら ⇒ https://www.alpha-kabu.com/

お問い合わせシートはこちら ⇒ https://www.alpha-kabu.com/service/ques-sheet

関連記事

  1. 多品種少量自動計量装置

  2. 有料粉体テスト(弊社単独粉体テスト)のご紹介

  3. 油分を含む粉 計量フィーダー

アルファ株式会社

愛知県にある粉体装置メーカーです。
テスト・開発・製造途中など、ホームページでは書けない内容を”WEB工場見学 in 粉体機器製造業”として書いています。

ホームページはこちら
http://alpha-kabu.com/

  1. 約60秒スピード粉体計量

    2018.08.23

  2. 対象は顆粒!微量計量ができます。コンパクト高精度粉末計量機

    2018.06.25

  3. 卓上サイズの粉末供給機で短時間計量

    2018.06.22

  4. 現場で使える簡単静電気除去アイテムと除電効果の比較

    2018.06.11

  5. 容器感知計量 シグナルタワー表示

    2018.05.23

  1. 粉体工業展2017 展示品1 高精度でコンパクト、様々な粉末が計量で…

    2017.11.15

  2. 手計量も簡単にできる!粉末自動計量機。自動と手動を合わせ、計量…

    2017.08.08

  3. 回転式焼成炉による不純物の除去

    2017.06.21

  4. 粉末計量 供給機1台で幅広い重量が計量できる。計量方法が分かりま…

    2017.06.14

カテゴリ

過去の記事

カレンダー

2018年6月
« 5月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930