粉体講座 様々な粉体

ラットホール 粉体の困った現象

  1. HOME >
  2. 技術情報 >
  3. 粉体講座 >

ラットホール 粉体の困った現象

粉末が排出されない。ラットホール現象の簡単説明

流動性の悪い粉末の場合、末が排出口から排出されなくなることがあります。
その現象の1つに「ラットホール現象」があります。

シュートの真ん中だけ、穴が開く様子がよく分かります。
流れの悪い粉末の場合、シュートの内壁に粉末が付着してしまうことがあります。
また、粉末の圧力によってシュートの内壁に粉末が押し付けられます。
これらにより、排出口の真上(シュートの真ん中)だけ粉末が排出され、
穴が開いてしまう現象が起こるのです。

これがラットホール現象です。

さらに凝集性・付着性の強い粉末であると、シュート内壁に付着した粉末が崩れず、
粉末の排出が止まってしまうこともあります。

粉末が排出されるように、ブリッジブレーカーが必要になります。
ブリッジブレーカーには、振動させるもの、羽を回転させるものなどがあります。

実際にお客様の粉末でラットホール現象が発生するのか。

どの手法を使えば、解消できるのか。

と言うことは、実際の粉末を使用することが一番です。

計量テストは受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

-粉体講座, 様々な粉体

© 2021 WEB工場見学 in 粉体機器製造業