供給テスト 供給 速度別 供給 ダストディパーチャー

スクレッパーの回転速度による供給量の違い

  1. HOME >
  2. 供給テスト >

スクレッパーの回転速度による供給量の違い

ダストディパーチャーによる供給テストです。
1分間 装置を稼働し、スクレッパーの回転速度によって 粉末供給量がどのように変化するのかを比較検証します。

まずは 50pps100pps

動画が見られない場合

結果
スクレッパー回転速度   50pps…1.23g/分
スクレッパー回転速度 100pps…2.45g/分 

回転速度が倍になると、供給量も ほぼ倍になりました。

続いて 800pps1600ppsです。

動画が見られない場合

結果
スクレッパー回転速度    800pps…18.14g/分
スクレッパー回転速度 1600pps…35.95g/分 

回転速度が倍になると、供給量も ほぼ倍になりました。

最後に6400oosと12800ppsです。

動画が見られない場合

結果
スクレッパー回転速度    6400pps…113.77g/分
スクレッパー回転速度 12800pps…175.67g/分 

回転速度が6000pps以上になると、速度が上がるにつれて粉末供給量は減少していきます。

-供給テスト, 供給 速度別, 供給 ダストディパーチャー

© 2021 WEB工場見学 in 粉体機器製造業