計量

粉末計量 振動フィーダー容積式計量テスト

  1. HOME >
  2. 計量テスト >
  3. 計量 >

粉末計量 振動フィーダー容積式計量テスト

容積式1g計量テスト

振動フィーダーで容積式計量テストを行いました。
計量値は1g。

まず簡単に。容積式とは・・・
粉体を一定量ためてから排出する計量方法です。
容積式には他に、すり切り型やロータリーバルブがあります。

今回のテストでは、振動フィーダーを使用しました。
シャッターの開閉により、粉体を決められた容積分ためて排出します。
軸にたまった量が1gになる設定です。
粉体が軸いっぱいにたまると排出し、その量を計量をします。

容積式では、粉体の充填率がその都度異なります。
また、粉体の性状によっても充填率が変わってきます。

例えば粒の大きな粉体の場合、その1粒の有りor無しで
計量値は変わってきてしまいます。
同じ容積の供給であっても、1回毎の充填率が同じではないため、
計量値にバラツキが出てきてしまうのです。

10回計量動画を見てみてください。
今回の粒は1粒0.02gほど。
どの回も1g計量に対してバラツキがあり、誤差が0.1g前後。
誤差は粒の重量次第でその幅も変わってきます。

振動フィーダーで容積式計量ができる粉体は、ペレットや1~2ミリ程度の粒状のもの
に限られてきます。
1回の計量速度は数秒程度とても速いです。
軸の長さや溝の深さ、幅などは要望に応じて用意します。
でも残念ながら、計量精度は出せません・・・。

振動フィーダー容積式計量テスト
※動画ではシャッター開閉を手動で行っていますが、実機は自動開閉です。

-計量

© 2020 WEB工場見学 in 粉体機器製造業