供給

フィーダー 供給方式による粉の落ち方の違い

  1. HOME >
  2. 供給テスト >
  3. 供給 >

フィーダー 供給方式による粉の落ち方の違い

近年は粉の落ち方、落とし方にこだわるお客様がふえているように感じます。

具体的には、

定量的に落としたい

脈動無く供給したい

拡散性向上の為、ダマをつくらずに供給したい

均一に落としたい

細かく供給したい

といった、ものが挙げられます。

多種多様ながらも、最終製品の高性能化に向けて、

最終的なポイントが変わっているのだと思います。

粉の供給方法は

振動フィーダー

サークルフィーダー

スクリューフィーダー

等が一般的ですが、

これらは、どうしても上記の条件に当てはまりません。

そこで、弊社のダストディパーチャーα

高精度粉体連続定量供給装置

を選ばれるみたいです。

弊社のアルファーフィーダーを連続供給に応用したのが、

ダストディパーチャーαなのですが、

そのアルファーフィーダーの特徴として、

シャワーリングという供給方法を採用していることです。

これにより、高精度・脈動なし・分散・均一という

供給を実現しています。

                    シャワーリング

供給方法にお悩みでしたら、
供給テストも受け付けていますので、

ぜひご相談ください。

高精度連続供給装置 ダストディパーチャーα

-供給

© 2020 WEB工場見学 in 粉体機器製造業