プラズマ処理。セラミック粉が親水化!処理時間による効果の比較

粉体にプラズマ処理をするとどうなると思いますか?

プラズマ処理は、出来上がった製品にプラズマ処理をして、
表面を改質する方法としてよく用いられています。
そのプラズマ処理を粉体自体にすると・・・

粉末自体が改質されるのです。
粉末の表面の濡れ性が格段に上がるようになるのです。
表面親水化による濡れ性向上は、粉末が液体に溶ける時によくある浮島現象や
ダマによる不溶解を防止します。

今回使用した粉末はセラミック粉。
雰囲気ガスはアルゴンを使用。
アルゴンはプラズマを立ちやすくしてくれます。
バッチ連続勝利方式でのプラズマ処理です。

プラズマ未処理・プラズマ30秒処理・60秒処理・120秒処理・300秒処理という5段階に分けて水への溶け方の違いを比較してみました。

水に粉末を落とした時の溶け具合は、これと言って目立った違いはありません。
ただ未処理の粉末は、水面上にダマが浮いていました。

撹拌した時の違いもありません。

ポイントは経過観察です。撹拌開始からおよそ半日の経過観察です。
目立った違いは出るでしょうか・・・?

経過時間とともに沈降具合に変化が見られました。
未処理のものに関しては、早い段階でセラミック粉が沈んでいきます。
プラズマ処理時間が長い方が、粉末の沈降速度がゆっくりとなっています。

もっと目立った違いを検証するには、撹拌スタートや撹拌の長さ、回転するスピードなど、
全て同じに揃えなくてはいけませんね。
今回はそこまできっちりやっていません・・・。すみません。

でもプラズマ処理によって、粉末の体質が変わったことは分かります。
親水性が増し、水に溶けやすくなりました。

最近は製品向上の為、粉末をより微粉化するケースが多く見られるそうです。
そうすると、粉末が細かすぎて水に溶けにくくなったり、ダマになったりします。

粉末が溶けにくくて困っていませんか?

一度プラズマ処理を試してみるのも良いかと思います。
人間の体質改善はなかなか難しいですが(花粉症など・・・)、
粉末の体質改善は思いのほか、うまくいくかもしれません。

弊社では、プラズマ処理は粉末をテストすることから始めます。
まずはお試しです。
弊社の堀式粉体濡れ評価法を用いれば、一般的なものより
時間もわずか、特別な装置も必要ありません。
結果が良ければ、プラズマ処理を有効活用してもらうことが可能です。
Look!   プラズマ処理・堀式粉体濡れ評価法の簡単さがよく分かる!

次はカーボン粉末での検証です。
どのような結果が出るでしょうか。。。

 

関連記事

  1. パウロ・連動計量

  2. 粉末供給 振動フィーダー供給テスト

  3. 内部パーツの違いによる排出量テスト

アルファ株式会社

愛知県にある粉体装置メーカーです。
テスト・開発・製造途中など、ホームページでは書けない内容を”WEB工場見学 in 粉体機器製造業”として書いています。

ホームページはこちら
http://alpha-kabu.com/

  1. 約60秒スピード粉体計量

    2018.08.23

  2. 対象は顆粒!微量計量ができます。コンパクト高精度粉末計量機

    2018.06.25

  3. 卓上サイズの粉末供給機で短時間計量

    2018.06.22

  4. 現場で使える簡単静電気除去アイテムと除電効果の比較

    2018.06.11

  5. 容器感知計量 シグナルタワー表示

    2018.05.23

  1. 粉体工業展2017 展示品1 高精度でコンパクト、様々な粉末が計量で…

    2017.11.15

  2. 手計量も簡単にできる!粉末自動計量機。自動と手動を合わせ、計量…

    2017.08.08

  3. 回転式焼成炉による不純物の除去

    2017.06.21

  4. 粉末計量 供給機1台で幅広い重量が計量できる。計量方法が分かりま…

    2017.06.14

カテゴリ

過去の記事

カレンダー

2017年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30