PCソフト

供給機モニタソフト

  1. HOME >
  2. 計量 >
  3. 計量-制御 >
  4. PCソフト >

供給機モニタソフト

「供給機モニタソフト」を使用することで
供給機の状況遠隔地からでも

常時確認することができます。

データはグラフ表示、およびExcel出力することができます

導入背景

供給機には記録機能があります。

測定間重量や積算重量、モーターの回転速度(パルス)などのデータは装置に接続されたUSBにCSV保存されます。

また、タッチパネル上でデータをグラフで表示することも可能なので、供給状況を簡単に確認することができます。

A社:USBを取りに行くのが手間だし面倒

我社では現場とパソコンがおいてある事務所が離れています。

粉の供給状態を定期的にExcelでまとめて報告する必要があるのですが、その都度現場にUSBを取りに行くのは面倒です。

また、データをその都度Excelでまとめて、グラフ化するのも手間です。

B社:セキュリティ上USBが使用できません

我社では、セキュリティ上USBを使用することができません。

供給状況をデータ管理する必要があるので、USBにデータが記録されるのであれば供給機を導入するのは難しいです。

アルファからの提案

供給機の状況を確認できる供給機モニタソフトの導入を提案します。

供給機モニタソフトはLANを利用するため、遠隔地からでも常時供給機の状況をモニタすることが可能です。
USBは使用しませんので、USBが使えない環境でも対応可能です。

データはグラフ表示、およびExcel出力することができます。

特長

モニタしたいデータを自由に設定できる

供給機において確認したいデータはお客様によって違います。

供給機モニタソフトはモニタしたいデータお客様にあわせて自由に設定することができます。
粉面センサをご使用していただければ、粉残量をモニタすることができるため、供給重量との関係を確認することもできます。

また、データはソフト上でグラフ表示することも可能です。グラフ化するデータも自由に設定することができます。

 

遠隔操作可能

供給機モニタソフトはLANを利用します。
そのため、供給機とパソコンが離れていてもモニタすることが可能です。

供給機で問題が発生した場合も、パソコン上でエラーを確認することができるので供給機の横で監視する必要もなくなります

 

Excel出力可能

モニタしているデータは好きなタイミングでExcelに出力することができます。

出力順序(列)も自由に設定できるため、供給状況を報告する際の報告書も簡単にできます。

操作概要

Step1 準備

供給機モニタを起動し、PLCと接続します。

PLCと接続する際は、装置のIPアドレスとポート番号を指定します。

【PLCとは?】
供給機はPLCと呼ばれる制御装置を使って動作します。
PLCとデータ通信することで供給機の状況をモニタすることができます。

Step2 モニタ設定

モニタする際に必要となる下記3つの設定を行います

1.モニタデータの登録

モニタしたいデータをあらかじめ登録しておきます。
登録する際は、PLC上のアドレスやフォーマット、サイズなどを指定します。

定期的にデータを取得する場合は、サンプリング間隔も指定します。

2.グラフデータの登録

グラフ表示させたいデータを登録します。
グラフのタイトル、軸タイトルなども指定可能です。

3.データ表示領域の設定

画面上でデータ表示領域とグラフ表示領域の割合を設定します。

グラフ表示が不要の場合は以下のような設定にします。
 データ表示領域:100%
 グラフ表示領域:0%

 

Step3 モニタ

実際に供給機を稼働させ、登録したデータをモニタします。

グラフデータを登録してある場合は、データの下にグラフが表示されます。

Excelを押すと、モニタしているデータをExcelファイルに新規ファイルとして出力しますので、名前をつけて保存します。

 

表示領域  データ:50% グラフ:50%

お問い合わせ

・製品について詳しく知りたい
・打ち合わせがしたい
・提案が欲しい…etc

様々なお問い合わせを受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

© 2021 事例集