投稿者 堀

パウロ-連続型 ゼロバランサーY管型 計量1mg 計量-砥石業界 計量-少ロット製造

粉末自動計量装置パウロコロコン仕様(自動容器設置&回収型)

装置概要 この装置は2種類の粉末(同種でも可)の計量・搬送作業を全自動で一貫して行う装置です。一貫した計量・搬送作業が装置Aと装置Bの2か所で行えますので、この装置1台で同時に2種類の粉末計量に関わる作業(容器設置→計量→容器回収)ができます。 【装置全体イメージ図】 装置Aと装置Bの構造 装置AとBはそれぞれ計量装置と搬送装置が一体型となっており、別々の種類の粉末を扱います。どちらの装置も計量に必要な容器の設置と回収を搬送装置部分が行い、運ばれてきた空容器の計量は計量装置部分で行います。 【装置を上から ...

ダストディパーチャー-ロスイン ベルト搬送型 供給-ライン製造 供給-製造業界 供給-研究・試作

ダストディパーチャー ロスイン搬送型 ベルトタイプ

ダストディパーチャー ロスイン搬送型ベルトタイプ ベルトタイプの搬送で計量も可能に高精度連続供給装置「ダストディパーチャー」は、電子天びんを使用して行う粉体供給を自動化したものです。従来の搬送方式である振動トラフタイプ・エアータイプに加え、ベルトタイプを導入しました。これにより連続供給だけでなく、計量にも幅広く利用できます。 粉体搬送の様子 動画が見られない場合 装置構成 天びんベースの上に天びんを設置。 搬送用ベルトを設置。 上部に供給機(ゼロバランサー)を設置。 タッチパネル 制御盤 ゼロバランサーと ...

ゼロバランサー底面型 パウロ-連続型 計量10mg 計量-ライン製造 計量-砥石業界 計量-製造

保護中: 粉末自動計量装置パウロ(計量・搬送ロボット+高精度計量機)

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

no image

供給-ミリフィーダー-円すい型

ミリフィーダー-供給-円すい型

No tags for this post.

計量-ミリフィーダー その他

ミリフィーダー計量仕様

ミリフィーダー 粉を搬送し、粉にダメージを与えず計量できます ミリフィーダーには 粉末残量の少ない円すい型 と 投入量の多い角型 の2種類があります。 円すい型 角型 特徴 1.粉を横搬送しながら計量できる トラフの長さにより、搬送距離を変えることができます 2.供給量や貯槽量によって円すい型・角型を使い分けることができる 小型向きの円すいホッパーと、大型向きの角型ホッパーがあります   ミリフィーダーの使用事例を型式別に表示します ミリフィーダー 円すい型 ミリフィーダー 角型 No tags ...

供給のよくある質問

供給のよくある質問

粉体供給のよくある質問をカテゴリー別に表示します 供給機について 供給機の選定について 供給能力について 供給-供給機について 供給-供給機の選定について 供給-供給能力について No tags for this post.

計量 粉体計量のよくある質問

粉体計量のよくある質問

粉体計量のよくある質問をカテゴリー別に表示します 供給機について 供給機の選定について 計量能力について 計量-供給機について 計量-供給機の選定について 計量-計量能力について No tags for this post.

計量-制御

タッチパネルと制御盤 計量・供給に合わせた使い方

タッチパネル操作 計量・供給メニューに合わせ、それぞれの使い方があります。 計量 <供給量判定モード> 現在のセッティングで、設定量を目標時間で供給するにはどこくらいの速さで動かすのかを自動判定します。 例)7gを3秒で供給→テスト結果 10000pps        1gを3秒で供給→テスト結果 5000pps        <計量モード> 設定値、設定時間で計量ができるよう、速度を調整しながら計量を行います。例)20g±10mgを10秒で計量  10g±1mgを10秒で計量 等   &nbs ...

供給-供給量別

供給-供給量別

供給装置を供給量別に表示します 1mg 10mg 1g 供給量 1mg 供給量 10mg 供給量 1g No tags for this post.

供給テスト

連続供給テストレポート~ミリフィーダー・ミリゼロ比較~

このページは移転いたしました。 30秒後に自動的に移動いたします。 移転先リンク 弊社標準粉末2:小麦粉 流動性が悪く、凝固性のある粉を使用した排出のテストです。 小麦粉 ミリフィーダーとミリゼロ供給機能力比較テスト 供給粉末状態の比較 ミリフィーダー、ミリゼロ供給機連続供給能力比較テストレポート 排出の様子テストレポート200611-1ダウンロード 【テスト概要】小麦粉500gの10秒間排出を連続で10回行うテストです。排出中の様子を各装置箇所(ホッパー内、トラフ内、ゼロバランサー内、排出口)から観察し ...

© 2020 事例集