計量能力について 粉体計量のよくある質問

計量能力について

  1. HOME >
  2. 粉体計量のよくある質問 >
  3. 計量能力について >

計量能力について

計量能力に関する質問です。

Q 基本供給量は穴サイズ/個数の違いですか?

 A 供給量の大まかな調整は、スクリーンのサイズによって決めます。
    スクリーンの開口は、線径と開口によって決まります。
    

Q 種類があるようですが、どう違うのでしょうか?

 A ゼロバランサーは、優先される機能によってホッパーの形状を使い分けます。
            基本構造の粉を供給する仕組みは同じです。

            ZIシリーズ(ゼロバランサーI管型)は、少量多品種用に開発された供給機です。
            1つの供給機を専用の容器として使用できるように、モーターが脱着式になっています。
            供給機を入れ替えるだけで、簡単に配合計量、品種変えが行えるようになっています。

    ZYシリーズ(ゼロバランサーY管型)は、ホッパ内残量の低減を目指して開発された供給機です。
    粉溜まりを限りなく少なくし、残量を減らすことで、余分目に粉を用意する必要がありません。
   調合した粉を、すぐに小分けしたいというご要望、また、余分目に調合をしたくないというご要望にむけて
   開発されました。
   デメリットとしては、小麦粉より流動性の悪い粉にたいしては、供給できない可能性があります。

      ZSシリーズ(ゼロバランサー底面型)は、超高精度の計量向けの供給機です。
      ±0.5mgの精度の計量も可能です。デメリットとして、残量が残ります。

          ZOシリーズ(ゼロバランサー上面開口型)は、継ぎ足し計量用の供給機です。
          供給機の上面を開口することで、継ぎ足し投入をしやすくしています。
          半日、1日スパンで供給機を洗浄する必要な場合、供給機を大きくしてしまうと、洗浄手間が増えてしまうため、
          片手で持つことができる最大の大きさで製作しています。
          片手で扱えるため、洗浄もしやすく、品種変えが簡単に行えます。

 

Q 外部から残量確認できるよう、ホッパーを硝子または透明容器での製作
   は可能ですか?

 A  標準機はPOM:ジュラコン(白)という樹脂を使用しています。
    AR:アクリル(透明)・PC:ポリカーボネート(透明)の材料に変更することも可能です。
    ※オプションになりますので、別途材質変更費用発生が発生します。

 

Q 50mg~1.0g/minの連続供給可能なサイズはありますか?

 A スクリーンサイズは様々あるので、対応可能です。
 
    

Q フィードバックなしでモーター指令一定回転での供給精度はありますか?

 A 一定速で動かしますと、ホッパー内の粉の残量で供給量が変わります。基本的には、徐々に供給量は減っていきます。
    なるべく変動しないようにする工夫はしてありますので、どの程度安定するかは、粉次第となります。

 

Q 異物混入(コンタミ)はないですか?

 A 実際に粉を供給機内にいれて一度通ったものを分析していただきました。
    セラミック粉末、銅粉、医薬粉末で行った事があります。 ※有償でのテストとなります。

 

Q 異物混入(コンタミ)分析結果を開示してもらえますか?

 A コンタミの分析は弊社では行っておりません。 
    供給機に通した粉末をお客様にお渡しし、その粉末をお客様に分析して頂いております。
    ※何をお求めになるか等は、お客様毎に異なるため。

 

Q 計量精度はどの程度ありますか?

 A 精度は、±5mg~±10mgです。
  

Q 粒子径はどの程度にする必要がありますか?
   また、粒度分布は揃える必要がありますか?

 A 粒度が揃っていたほうが計量しやすいです。 
    大供給時には粒度関係なく排出し、小供給時にスクリーンより、φ1mmアンダー品が排出されると思われます。
    どの程度粒度を揃える必要があるかは、テスト後の判断となります。

 

計量能力について 粉体計量のよくある質問

計量能力について

計量能力に関する質問です。 Q 基本供給量は穴サイズ/個数の違いですか?  A 供給量の大まかな調整は、スクリーンのサイズによって決めます。    スクリーンの開口は、線径と開口によって決まります。  ...

No tags for this post.

-計量能力について, 粉体計量のよくある質問

© 2020 事例集