計量 底面型 250cc 計量-研究・試作 計量10mg 計量-その他

ゼロバランサー底面型250cc コンパクトサイズ・オートチューニング

  1. HOME >
  2. 計量 >

ゼロバランサー底面型250cc コンパクトサイズ・オートチューニング

Z8951

計量にかける時間を研究に集中したい

装置選定理由

多種多様な粉の配合作業を自動化したい



研究に使う粉末のストックを用意するため、毎日 多種多様の粉を計量する作業があります。
扱う粉も様々で 有害なものもあるため、手袋・マスク・ゴーグルの着用
が必要となります。
さらにグローブボックスドラフトチャンバー内で、粉を入れ替え、計量値を確認しながらの計量作業 は
かなりの手間と時間がかかります。

研究作業に集中したいのですが、研究員以外は立ち入ることができないため、計量作業は研究員がせざるをえません。
計量を自動化して、研究員の負担軽減研究時間を確保したいです。

アルファからの提案

高精度自動粉体計量装置「ゼロバランサー底面型」の導入をおすすめします。
底面型は対応品種が一番多い機種になります。
作業空間がグローブボックスやドラフトチャンバー内ということなので、組込天びんを使用し装置全体をコンパクトにします。
ドラフトチャンバー内での作業ですと、舞い上がる粉塵の吸引による風が影響し、計量精度を出すことが難しいので
風防を取付けて対処します。

また、Excelとの連動機能Excel計量オーダーソフト)により、パソコン上のExcelファイルからゼロバランサーに計量指示を出すことができます。Excel計量オーダーソフトこちらを参照ください)

プログラムはオートチューニングを使用し、計量条件が変わっても計量できる仕様にします。

使用効果

今まで1種類の粉につき100個  100分程度かかっていた計量作業が、50分ほどで完了するようになりました。

あらかじめ 使う粉ごとに供給機に用意しておけば、計量する粉を変更する場合、供給機自体の入れ替え作業だけでよい というのは手軽で助かります

Excelを使っ
て計量指示を出せる)ことで毎回変わる計量値・精度に素早く対応でき、非常に効率良く作業が進んでいます。
Excel計量オーダーソフトの詳細はこちらを参照ください)

研究に使う粉の計量のため、毎回安定して精度が出せるのも 導入して良かった点の一つです。

さらに、装置のサイズがA4用紙より少し大きめ程度と、かなりコンパクトにしていただけたので、ドラフトチャンバー内に設置できました。

装置構成

1.供給機
 (ゼロバランサー底面型250cc+嵩上げホッパー0.8L)
2.天びん
 (メトラー・トレド 目量0.01g 最大秤量値6200g)
3.制御盤
4.タッチパネル

製品仕様

計量範囲 0.1~50g
計量精度 ±0.05g
最小目盛 0.01g
電源 AC100v(50/60hz)1.62A 160W
計量部材質 主材質 POM・その他 SUS304・PTFE・アクリル
ホッパー容量 250cc+かさ上げ 0.8L
被計量物 粉末

装置サイズ

供給の流れ

①粉末の投入

粉末投入の際は投入シュートを使用します。
供給機上部より粉末を投入します。

②容器設置

天びんの上に受け容器を設置します。
設置後、天びんのゼロリセットを押す必要はありません。

③タッチパネル操作

タッチパネルで必要項目を入力します。
入力後、スタートボタンを押せば自動供給計量が開始されます。

④供給

増設ホッパー内の粉体が排出口より供給されます。
供給開始直後は大量に供給しますが、設定値に近づくと微小量供給になります

⑤計量完了

計量が完了すると、装置は自動で停止します。

お問い合わせ

・製品について詳しく知りたい
・打ち合わせがしたい
・提案が欲しい…etc

様々なお問い合わせを受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

© 2021 事例集