1. HOME >
  2. 計量-ミリゼロ >
  3. 計量-ミリゼロ-ロスイン型 >

ミリゼロ15L 増設ホッパー10L ロスイン計量

ミリゼロ ロスイン型供給機

大容量を高精度で計量
高精度連続供給装置「ミリゼロ」は、粉末を分散させながら自動供給することができます。
排出口径が大きいので、大容量の素早い計量を実現します。
難しい操作は必要なく、タッチパネルでの設定後、スタートボタンを押せば自動で供給します。

 

 

装置構成

1.天びんの上にホッパーを設置。
2.ホッパーの貯槽量は10L。
3.ミリフィーダーにより、ホッパー内の粉末を
 供給機へ。
4.供給機(ゼロバランサー)を設置。
5.タッチパネルを設置。
6.制御盤を設置。

ゼロバランサーミリフィーダーを組み合わせた
ロスインタイプの供給機です。
ホッパー内の粉末の多量・少量にかかわらず、常に一定の供給ができます。

 

 

 

 

機能紹介

ロスインタイプ

「粉+装置」の重量から、粉がどれだけ減少したかを計量する減算方式
散布・噴霧・搬送・投入…等、
天びん受けできないシステムに利用可能。

 

 

 

 

安定した供給

高精度粉末供給機「ゼロバランサー」と、供給搬送装置「ミリフィーダー」による2段階供給で、安定化を図っています。
ホッパー内の粉末量の多少にかかわらず、常に一定の供給を保ちます。

 

 

 

 

大容量を高精度に計量

ミリゼロは排出口径が大きいので大容量の計量が素早く行えます。
300g±5gを10秒で供給可能。
さらに計量精度は0.1%!
最大精度は±1g!

ホッパーサイズをお客様の仕様に合わせて選ぶことができます。

小さなモーターで装置を動かすので供給機もコンパクト!台はかりに乗る大きさなので、設置スペースを選びません。
(特許取得の独自機構)

 

 

 

 

投入作業の自動化の様子を
動画でご覧いただけます。
連続で4回 自動投入され、
精度300g±5gで計量しています。

 

 

レーザーセンサで粉面管理

粉面センサが粉の高さを感知します。
粉面が下がると、減った分だけ ミリフィーダーがゼロバランサーに自動で粉を常時補充。
常に一定の供給を保ちます。

ホッパー内の残量に影響されないため、最後まで粉を使い切ることができます。
(特許取得の独自機構)

 

 

 

 

分解洗浄

モーターをはじめ、供給機の各部品を工具レスで取り外すことができます。
洗浄もできます。
1台の供給機で多種類の粉末計量をする場合にも便利です。
(特許取得の独自機構)

 

 

 

 

小径容器へ供給

小径容器への粉末投入も、シュート先端のノズルで
詰まることなく供給可能。
粉末を分散させながら排出する方式です。
(特許取得済の独自機構)

 

 

小径容器への粉末投入の詰まりが
解消されます。

 

 

自由なハンドリング

ロスインウェイト方式
天びん上の重量を測定するのではなく、
吊り下げられたホッパー内から
排出された量を測定する方式です。

天びん上に受け容器を設置しないことで
幅広い用途に使用できます。

 

 

難しい計量も簡単設定

基本設定は、どのくらいの速度で 何g供給するかだけ。
あとは容器を置いて、タッチパネルのスタートボタンを
押せば、自動で計量。
開始パルスは自動調整機能付きです。

 

 

 

 

SUS制御盤(オプション)

水洗いを必要とする現場用
防水制御盤も対応します。

 

 

ステンレス制御盤

ステンレス制御盤

 

 

詰まりの解消

流れにくい粉末は、ホッパー内で
詰まってしまう場合があります。
ブリッジブレーカーを取り付けることで
詰まりの解消・供給の安定を図ることができます。

※流動性が良い粉末はブリッジブレーカー
取付けの必要はありません。

 

 

他装置との接続

スタート信号やストップ信号、アラーム等をIOで
制御可能。
上位システムとの通信が可能です。

三菱PLC
デジタルタッチパネル を使用。

 

 

配線例

 

 

タイミングチャート例

導入事例

粉末投入と散布の自動化

省人化 ワンオペが可能に NO.1802 導入企業 業種:材料焼成加工業部門:製造 製品 ミリゼロ供給機 ロスインタイプ嵩上げホッパー 10L防水ステンレス制御盤 導入の背景 一定周期で完了する加工機 ...

続きを見る

© 2021 事例集