1. HOME >
  2. 計量-ミリゼロ >
  3. 計量-ミリゼロ-上皿 >

ミリゼロ3S 2.5S 2.0L

J-MZ-7049

かさ比重の軽い粉末を自動計量
速度・精度も出したい

装置選定理由

かさ比重の軽い粉末の計量を自動化したい
速度・精度も出したい

非常にかさ比重の軽い、ふわふわした粉末を扱ってます。
扱いにくい粉末ということもあり、計量作業に時間がかかります。
計量を自動化することで負担を軽減し、速度と精度の向上を目指したいです。

アルファからの提案

「ミリゼロ3S 2.5S 20L」の導入をおすすめします。
計量重量は0.1g~400gと少ないのですが、非常にかさ比重が軽いので たくさん排出する必要があります。
さらに精度も±0.05g 出したい、ということで、ホッパー容量20Lを選定。
速度と精度を出すため、シャッター付の仕様にしました。

装置構成

1.ミリゼロ(供給機+ミリフィーダー+ホッパー)
2.天びん(ザルトリウス 目量10mg 最大秤量値420g)
3.ホッパー(20L)
4.ミリフィーダー
5.供給機(ゼロバランサー底面型)
6.タッチパネル
7.制御盤
8.除電器
9.風防

製品仕様

計量範囲 0.1g~420g
計量能力 0.1g~400g
計量精度 ±0.05g
最小目盛 0.01g
電源 AC100v(50/60hz)1A
計量部材質 主材質 SUS304 その他 POM・PTFE・アクリル
ホッパー容量 20L
被計量物 粉末

供給の流れ

①粉末の投入

ホッパー上部の蓋を外し、粉末を投入します。

②容器設置

天びんの上に受け容器を設置します。

③タッチパネル操作

タッチパネルで必要項目を入力します。
入力後、スタートボタンを押せば自動供給計量が開始されます。

④供給

ホッパー内の粉体がミリフィーダーによってゼロバランサー(高精度自動粉体供給装置)に運ばれます。
粉体はゼロバランサーを通って排出口より受け容器に供給されます。

供給開始直後は大量に供給しますが、設定値に近づくと微小量供給になります。

⑤供給完了

供給が完了すると、装置は自動で停止します。

テストデータ

添付用テストレポート

お問い合わせ

・製品について詳しく知りたい
・打ち合わせがしたい
・提案が欲しい…etc

様々なお問い合わせを受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

© 2021 事例集