1. HOME >
  2. 計量 >

計量粉末充填機

ゼロバランサー回転排出機構

時間のかかる容器充填が速くできる機構を持った供給機

容器を置くと、センサーが感知し、計量された粉が自動で充填されます。
回転排出機構は、容器に粉を充填させた直後、次の計量が開始されます。
効率よく粉の計量・容器入替えができます。

計量動画

動画では、カップが回転し粉の計量が次々と行われる様子、袋の口を汚さず充填する様子等が見られます。

装置の特徴

袋の充填が簡単

計量した粉を袋の中へダイレクトに入れることができます。
袋の口を汚すことなく投入できます。また、容器スタンドなどその他部品を必要としません。
手軽に袋への充填ができます。

容器の入替え時間が短縮

容器や袋を置くと計量された粉が充填されます。
そしてその直後に次の計量が行われるため、容器を取り除いた時には次の計量が完了されています。
容器を置いてから計量するまでの待機時間がありません
計量工程にかかる時間が短縮されます。

作業工程比較

通常の排出機構と回転排出機構の比較

通常の排出機構

---  メリット  ---

     ・高精度計量ができる(1mg目量)

     ・流れやすい粉から流れにくい粉まで、
      多くの粉に対応

---  デメリット  ---

     ・計量工程に時間がかかる

     ・容器形状により、容器台が必要

回転排出機構

---  メリット  ---

     ・どんな容器でも対応可能

     ・容器充填と次の計量が同時に行われ、
      計量工程に時間がかかる時間が短縮
      できる

---  デメリット  ---

     ・計量精度は10㎎目量まで

     ・粉末が限定される

装置構成

円滑な計量の秘密

粉や計量に合わせ、ゼロバランサー供給機をご使用いただけます

詳しくはコチラ

振動機の使用で、装置に付着する粉を防ぎます

振動機は、カップとシュートの2か所に設置。
カップに付着する粉を落とし、更にシュートに付着する粉も落とします。

振動のタイミングや振動回数など、粉に合わせ最適に設定することができるため、扱いの難しい計量も、素早く無駄なく計量する事ができます。

No tags for this post.

-計量, ゼロバランサー底面型, パウロ-連続型, 計量-食品, 計量-無機材料, 計量10mg, 計量-少ロット製造, 計量-製造

© 2021 事例集