Y管型 20s 計量1mg 計量-少ロット製造 計量-その他

ゼロバランサー Y管型 2.0S 残量低減仕様

  1. HOME >
  2. ゼロバランサー >
  3. ゼロバランサーY管型 >
  4. Y管型 20s >

ゼロバランサー Y管型 2.0S 残量低減仕様

ゼロバランサー Y管型 2.0S
残量低減仕様

使用後、装置内の粉残りが少ないことが特長

ゼロバランサーY管型2.0S
残量低減仕様 計量テスト

動画が見られない場合

装置構成

  1. 供給機架台
  2. 供給機架台に供給機(ゼロバランサー)を設置
  3. 振動機により粉体の流れを促進
  4. 天びん(メトラー・トレド1mg目量組込み天びん)
  5. タッチパネル
  6. 制御盤

機能紹介

高度な計量

分散散布ができるため、高精度化を行うことができます。(特許取得済)
計量値に対する計量精度0.01%・最大精度±5mgも可能です。

分散散布

供給は、粉体の特性であるブリッジ性を利用しています。
そのため、分散散布されます。

均一な供給から、うっすらと
目に見える程度の微少量の供給まで対応可能です。

様々な粉体に対応

流れの良い粉から流れの悪い粉まで、供給機1台で取り扱うことができます。

1台で多種類の粉体計量が可能です。

粉残りを低減

回転垂直振動機により、投入シュートに上下の振動が加わることで粉体がスムーズに供給機へと流れます。

装置内の粉体残りを低減します。

簡単操作

計量機が粉末の供給量や速度を計測し、自動で調整を行います。
計量作業者はタッチパネルで計量重量値を設定するだけ

自動計量なので、難しい計量作業も、ボタン1つで誰にでも簡単にできます。

ご使用をおすすめしたい
計量条件とお客様

高精度な計量を自動で

・精度±20mgで粉体を計量したい
・時間はできれば30秒以内で

ゼロバランサーを使用することで、
設定時間内に高精度な計量を行うことができます。

粉残りを少なくしたい

・粉体をムダなく使用したい
・使用後、装置内の粉体残量を最小限にしたい

振動機によって装置内の粉体残量を軽減します。
ページ上部のテスト動画をご覧ください。

供給の流れ

①粉体の投入

投入シュートに粉体を投入します。

②容器設置

天びんの上に受け容器を置きます。

③タッチパネル操作

タッチパネルで必要項目を入力します。
入力後、スタートボタンを押せば自動供給計量が開始されます。

④振動機の作動

回転垂直振動機が作動して、投入シュートに上下の振動を与えます。

⑤供給

粉体がゼロバランサーを通って排出口より供給されます。
供給開始直後は大量に供給しますが、設定値に近づくと微小量供給になります。

⑥供給完了

供給が完了すると、装置は自動で停止します。

© 2021 事例集